武雄神社(武雄五社大明神)


武雄神社(武雄五社大明神)の地図情報☜

武雄神社(武雄五社大明神)について

武雄五社大明神ともいわれ、創建1200年以上になる市内で最も古い神社。神社の裏手には樹齢3000年以上の「武雄の大楠」があり、武雄神社の神木となっている。御朱印には、金色の大楠の印をうち、金粉をあしらってもらえる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒843-0022 
佐賀県武雄市武雄町武雄5335

電話番号

0954-22-2976

交通アクセス

(1)武雄温泉駅から徒歩で15分

基本情報を見る

武雄神社は九州地域にあり、これまでに、武雄五社大明神が祀られています。

九州地域には、天皇陛下が訪れるたびに、武雄神社を訪れます。

武雄神社内には、天皇陛下が挨拶した場所などもあり、建物内には、天皇陛下が訪れた際に、大明神が祀られた石があります。

武雄神社には、武雄五社大明神、武雄五社保長神、武雄五社大名神、武雄五社大聖神が祀られています。

武雄神社は、九州地域にある最も古く、神社の祀りが始まった神社として、様々な古い伝説があります。

また、武雄神社は、九州地域にある最も古く、大明神の祀りが始まった神社として、様々な古い伝説があります。

その中でも、武雄五社大明神の伝説が有名です。

武雄五社大明神は、天皇陛下が挨拶するたびに、大明神を祀る神社として、人気があります。

武雄五社大明神の伝説の中でも、有名なのが、天皇陛下が挨拶するたびに、大明神を祀った石があるというものです。

この石を祀った神々は、天皇陛下が挨拶するたびに、大明神を祀るという意味ではなく、天皇陛下が大明神に尊敬していることを示していると考えられています。

また、武雄五社大明神

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。