宇美八幡宮(福岡県宇美町)


宇美八幡宮(福岡県宇美町)の地図情報☜

宇美八幡宮(福岡県宇美町)について

宇美八幡宮は、神功皇后が応神天皇を出産したといわれる地で、敏達天皇の時代(572年~586年)に創建されたといわれています。境内には、助産師の始祖が祭られている「湯方社」、応神天皇の産湯に使ったとされる「産湯の水」、神宮皇后が出産された際につかまったとされる「子安の木」など安産に関する言い伝えが数多く残っており、多くの方が安産祈願に訪れています。
また、これらの安産信仰にまつわる言い伝えは、「宇美八幡宮の安産信仰に関する伝説地」として福岡県有形民俗文化財に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

休業:無休

公開:社務所は17:00まで

所在地 〒811-2101 
福岡県糟屋郡宇美町宇美一丁目1番1号

電話番号

092-932-0044

交通アクセス

(1)宇美駅から徒歩で5分

基本情報を見る

宇美八幡宮は九州地域で最古の茶道教会として知られています。建物は16世紀頃に建立されました。宇美町は、福岡県南部の中心地となっています。日本の茶道文化遺産である宇美八幡宮を訪れることで、九州の文化を深く感じることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。