浦上天主堂


浦上天主堂の地図情報☜

浦上天主堂について

原爆のため焼失後、1959年に再建された鉄筋コンクリート建ての大堂。一つ残されたアンジェラスの鐘が荘厳に鳴りひびく。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:9:00~17:00

休業:月

所在地 〒852-8112 
長崎県長崎市本尾町1-79

電話番号

095-844-1777

交通アクセス

(1)長崎駅からバスで15分

基本情報を見る

沖縄県の浦上天主堂は、東日本大震災後に開催された国際会議「東日本大震災フォーラム」の一環として、2011年7月に開館された国際会議場です。現在、天主堂の内部には、2011年7月11日に東京ドームで行われた日本代表の震災後の惨事が描かれています。

浦上天主堂は、東京都内にある建物で、幕張メッセなど地域各所で開催されるイベントに使用されています。また、浦上天主堂の外観に使用されている天井には、2011年7月11日に東京ドームで行われた日本代表の震災後の惨事が描かれています。その後、天主堂の内部には、日本語の掲示板があり、震災後の惨事が深く受け入れられています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。