雷山千如寺大悲王院


雷山千如寺大悲王院の地図情報☜

雷山千如寺大悲王院について

725年に聖武天皇の勅願を受けた清賀上人によって開山され、約1300年の歴史を誇る由緒ある寺院。境内には、福岡県の天然記念物、樹齢約400年の大楓がそびえ、紅葉の頃には多くの見物客がその美しさに息をのみます。国の重要文化財「木造千手観音立像」や、福岡県の指定文化財「木造多聞天像」などの拝観に加え、庭に勢ぞろいした五百羅漢の愛らしさも必見。季節ごとに足を延ばしたくなるお寺です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9:00~16:30

所在地 〒819-1145 
福岡県糸島市雷山626

電話番号

092-323-3547

交通アクセス

(1)JR筑肥線筑前前原駅からバスで30分

基本情報を見る

高山千如寺大悲王院は九州地域にある寺院で、「大悲王」と呼ばれる聖人の身分を持つ。また、近年では「高山千如寺」と呼ばれるようになっている。

高山千如寺大悲王院は、実際に大悲王・源氏が生き残った高山にある寺院で、その聖堂の内部は、その地域の素晴らしい高山の全てを反映している。

高山千如寺大悲王院は、九州地域にある約2500mの上陸地であるため、雷山千如寺と呼ばれている。

高山千如寺大悲王院は、日本の中でも高い位置にあるため、多くの人に見ることができ、また、観光名所としても有名である。また、高山千如寺大悲王院は、大悲王・源氏の葬儀が行われるほか、その他多くの小僧や修行僧が葬列する場所でもある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。