清流山正福寺


清流山正福寺の地図情報☜

清流山正福寺について

1583年(天正11年)に神田川添に淨慶が開基し、1690年元禄3年に現在の口石に移転しました。淨慶は、江州(現滋賀県)にあった称福寺の出でした。当時の日本の歴史を振り返ると、織田信長が天下統一を目指して近隣に勢力を伸ばしていた時代でした。同時に、真宗の信仰によって団結した農民が武士に対抗して一揆を起こし、信長は己の目的達成の邪魔者として仏教を排除していました。僧たちは信長の勢力範囲から逃れて、信仰を広めるための新天地を求め旅に出ることを志しており、淨慶もその中の一人でした。修行のため九州に下向した淨慶がこの地に小さい寺を建てたということが、「正福寺伝承」に書き残されています。正福寺には今も多くの書物が残されており、当時の様子を物語っています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒857-0352 
長崎県北松浦郡佐々町口石免399

電話番号

0956-62-2063

交通アクセス

(1)口石バス停から徒歩で3分

(2)MR佐々駅から車で5分

基本情報を見る

清流山正福寺は、九州地域に位置しており、山の中にある。正福寺には、天皇制の基礎となった寺院がある。その中でも特に重要なのが、九州初の寺院である清流山正福寺で、天皇制の基礎となった寺院である。

清流山正福寺は、寺院内にある清流の滝から清流の滝に流れ込んでいる。清流の滝から清流の滝に流れ込んでいるのは、その清流が神の力で作られたためである。その清流は、周囲にある人々を清流の利かせ、精神的に水のように浄化してくれると言われている。

正福寺には、天皇制の基礎となった寺院がある。その中でも特に重要なのが、九州初の寺院である清流山正福寺で、天皇制の基礎となった寺院である。寺院内にある清流の滝から清流の滝に流れ込んでいるのは、その清流が神の力で作られたためである。その清流は、周囲にある人々を清流の利かせ、精神的に水のように浄化してくれると言われている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。