正勝寺


正勝寺の地図情報☜

正勝寺について

西南の役ゆかりの寺。 明治10年勃発の西南の役。中町にある正勝寺では西南の役で有栖川宮熾仁親王が本営をおかれ、出兵を指揮されました。二層の山門や居室など、当時のまま残されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒861-0803 
熊本県玉名郡南関町大字関町1303

電話番号

0968-53-0087

交通アクセス

(1)九州自動車道南関インターから車で3分

基本情報を見る

本寺は九州にあって、西村幸宏大社の看参時に見つかったものである。真言宗の教えを受けた雅治三年(1560)に、本寺を建てたといわれる。

寺内には、大日本一の寺院である三条大寺と共に、旧津軽寺と違い、現在の日本一の寺院として知られている寺院が入り乱れている。

九州の地域で最も古く、最も古い寺院である。

寺院内には、様々な院内建物があり、真言宗の教えを受けた雅治三年(1560)に建てられた本寺は、真言宗の中でも特に重要な寺院として知られている。

寺院内には、様々な院内建物があり、真言宗の教えを受けた雅治三年(1560)に建てられた本寺は、真言宗の中でも特に重要な寺院として知られている。

本寺は、寺内には金属製の看参器が数多くあり、建物の内装も豊富である。

また、寺院内には、日本一の寺院である三条大寺と共に、旧津軽寺と違い、現在の日本一の寺院として知られている寺院が入り乱れている。

本寺の境内には、九州湾が見渡せる場所があり、寺院内には小船が通り抜けることができる。

また、寺院内には、九州湾が

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。