春光寺(熊本県八代市)


春光寺(熊本県八代市)の地図情報☜

春光寺(熊本県八代市)について

八代城主松井家の菩提寺で、臨済宗南禅寺(京都)の末寺。寺名は松井家初代康之の法名「春光院」にちなみ、久美浜(京都)、木付(杵築)、小倉、熊本を経て、延宝5年(1677)、この地に移った。本堂の背後に、松井家歴代夫妻の墓が整然と並ぶ廟所がある。
 背後の山には、古麓城(中世の八代城)があり、天正15年(1587)秀吉が八代に滞在した際には、ここでポルトガル人宣教師ルイス・フロイスらと面会している。明治10年(1877)の西南の役では戦場となり、所々に弾痕が残っている。句碑寺、アジサイ寺としても知られる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒866-0803 
熊本県八代市古麓町971

電話番号

0965-32-5557

交通アクセス

(1)八代駅からバスで15分(市立病院前下車)

徒歩で15分

基本情報を見る

春光寺は熊本県八代市の一部であり、九州地域にある寺院です。

春光寺は、日本三大寺院の一つとして知られています。寺院内には、多くの寺院の中でも特に光の強い明るさを誇る「光の強い舞台」があります。

また、春光寺では、多くの寺院の中でも特に人気の「円環境」があります。円環境は、寺院内にある花や植物の中で、少しずつひとつの花が左右されるようになっているというものです。このような円環境は、明るい光が入り込んでくるため、寺院内の温度が上昇し、寺院内の臭いも消えてくるのです。

また、春光寺では、寺院内にある「小さな光景」が見られることもあります。例えば、寺院の南側にある湖畔では、夕焼けを見ることができるという小さな光景があります。また、寺院の北側にある森林では、鳥や野生動物を見ることができるという小さな光景もあります。

春光寺は、九州地域にある寺院の中でも特に光の強いとみなすことができるでしょう。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。