添田神社


添田神社の地図情報☜

添田神社について

祭神は、菅原道真と天穂日命。かつては天満宮と称して岩石山の山頂にあったが、保元3年に大庭景親が岩石城を築くにあたり、山麓の現在地に遷座したという。明治4年に天満宮を添田神社と改称した。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒824-0602 
福岡県田川郡添田町添田1594

電話番号

基本情報を見る

添田神社は九州地域にある神社である。添田神社は添田郷を中心とし、諸島から離れている。添田郷は、青森県、岩手県、宮城県、福島県などの東北地方の四県から集まった地域にある。添田神社は、青森県添田市にある。青森県添田市は、添田郷の南東部に位置しており、添田神社は添田郷の東部に位置する。神社は、元々山だったが、後に城壁が構築され、現在は神社内にある場所は、城壁の中央にある。添田神社には、天王寺と聖護堂があり、天王寺は、元々、山の上にあったが、後に城壁の中央にあり、聖護堂は、元々、城壁の下にあったが、後に城壁の中央にあり添田神社の中心に位置する。添田神社には、多くの神社があり、その中でも、最も古く、古い神社とも言われている。添田神社は、日本の教会権を持つ神社である。添田神社の設立は、元々、添田郷の地方公共団体が、添田神社を設立したという。添田神社は、元々、神道行事の中心であったが、後に、福音書を中心とした教育に基づいて、神道行事を行うようになった。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。