麟翁寺


麟翁寺の地図情報☜

麟翁寺について

聖寿山と号し曹洞宗永泉寺末で本尊は釈迦牟尼仏。境内の広さ約1.386平方メートル。建物は本堂、庫裡、大師堂、文殊堂、観世音堂、鐘楼、納骨堂。当時は天正年間(1573-91)黒田藩の家臣後藤又兵衛基次が当地を去った後しばらく廃寺となっていたが、母里但馬守友信が当地を領し益富城主となった。友信は元和元年6月6日に死去、これを永忠寺の廃寺に埋葬。友信の嗣子左近が一宇を建立し、その霊を祭り、当寺の開基とし永泉寺の文叟を請して開山とした。友信の追号を麟翁といったので、寺号を「聖寿山麟翁寺」と改めた。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒820-0304 
福岡県嘉麻市大隈町1023

電話番号

交通アクセス

(1)バス/大隈下車/徒歩/3分

基本情報を見る

麟翁寺は九州地域の一つで、山の中にある。古くから祭壇に埋められていた鳥の巣が、今では観光客で詰め掛かる歴史的地域となっている。また、寺内には麟翁像や麟翁の鶴など、多彩な工芸品が展示されている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。