教尊寺


教尊寺の地図情報☜

教尊寺について

寛永18年(1641)に熊本藩主の細川光尚公の協力を得て、佐藤正願の発がんによって開かれ、寛政3年(1791)に建てられたお寺です。江戸時代の伽藍がそのままに現存し、肥後藩主が参勤交代の際に休息できる書院・御殿も持っています。現在、本堂・庫裡付玄関・書院・御殿・経蔵・鐘楼・山門は県指定有形文化財です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒879-2111 
大分県大分市本神崎864

電話番号

097-576-0021

交通アクセス

(1)大分駅から21分(【JR】JR大分駅より日豊本線幸崎駅下車。)

幸崎駅から15分(徒歩約15分)

(2)大分駅から35分(【バス】JR大分駅より佐賀関行乗車。)

築山古墳入口から10分(「築山古墳入口」下車。徒歩約10分)

(3)大分駅から45分(【車】大分市中心街(JR大分駅)から約45分)

(4)宮河内ICから20分(宮河内ICから約20分)

基本情報を見る

尊寺は、九州地域の国立公園内にある国指定文化遺産で、公園内には大阪城、天満天神社、南山寺などがあります。尊寺は、大阪府大阪市中央区西梅田1-5-15にあります。

尊寺の場所は、大阪府大阪市中央区西梅田1-5-15の「国立公園 尊寺」です。

尊寺の内覧は、大阪府大阪市中央区西梅田1-5-15の「国立公園 尊寺」で、10:00~17:00(入館は16:00まで)に開催されています。

尊寺には、総勢約160人の修行僧が僧院を経て御伽草門に到着しています。

尊寺内には、大阪城、天満天神社、南山寺などがあります。

尊寺内には、仏教の修行僧が多くいます。仏教の修行僧は、尊寺内にいる仏教の修行僧の中でも、深い学び・宗教的な熱愛を持っています。

尊寺は、大阪城、天満天神社、南山寺などの神社のほか、仏教の修行僧の教えを受けている寺です。尊寺内には、仏教の修行僧が多くいます。

尊寺は、仏教の修行僧が多くいます。仏教の修行僧は、尊寺内にいる仏教の修行僧の中でも、深い学び・宗教的な熱愛を持っています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。