桂雲寺


桂雲寺の地図情報☜

桂雲寺について

1896年(明治29年)最初の陶磁器品評会が開かれた「有田陶器市」発祥の地です。当時、会場には赤いじゅうたんを敷いて珍しい製品がたくさん並び、大勢の人でにぎわいました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒844-0005 
佐賀県西松浦郡有田町幸平2-3-1

電話番号

0955-42-2047

交通アクセス

(1)有田駅から5分

基本情報を見る

桂雲寺は、九州地域にある道教寺。九州地方で最古の聖地とされている。日本最古の聖地とされている。桂雲寺には、桂米二、桂雀五郎、桂歌之助など桂文珍の名手が集まった。桂雲寺の原型は、桂雀五郎が建立したものである。

桂雲寺の本殿は、天井が高く、大きな船が降りるときの寺院らしい。建物は、桂雀五郎が建てたもの。大きな桂の木がある。

桂雲寺では、年中行事がある。十二月の桂雀五郎祭、一月の桂雀三郎祭、三月の桂雀四郎祭などがある。

桂雲寺には、桂雀五郎の墓がある。桂雀五郎は、桂雲寺の聖者である。

桂雲寺の裏側には、桂雀四郎の森がある。桂雀四郎は、桂雲寺の墓にもいる。

桂雲寺は、桂文珍の女性向け説教会である。電車で行く場合、JR九州の九州新幹線「南雲」から歩いて2分ほどのところにある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。