母智丘神社


母智丘神社の地図情報☜

母智丘神社について

神社のある丘の頂上には陰陽石と呼ばれる巨石があり、古くは石峯と呼ばれた。この石の穴に狐が棲むと言われ、お稲荷さんの祠ができ、信仰されていた。
明治3年に都城地頭となった三島通庸がここに社殿を建て、参道に桜を植え整備し、母智丘神社と命名したと伝えられている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒885-0091 
宮崎県都城市横市町6691

電話番号

交通アクセス

(1)西都城駅からバスで20分

基本情報を見る

九州地域にある母智丘神社は、平安時代から信仰されている神社です。

母智丘は、母の智慧を表した神様で、守ることで子供たちの健康を祈るとともに、家族を支える力を発揮する神社です。

母智丘神社は、九州地域にある全国でも一番古く、平安時代から信仰されている神社です。

ぜひ、母智丘神社を訪れてみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。