福良天満宮


福良天満宮の地図情報☜

福良天満宮について

城下町臼杵を見下ろす高台にあり、学問の神様菅原道真公を祀る。男はつらいよ30作のロケ地にも選ばれた。境内には、三つの福「商招・招福・笑福」招き、幸せを呼ぶ「招霊赤猫社」もある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:休みなし

所在地 〒875-0053 
大分県臼杵市福良211

電話番号

交通アクセス

(1)電車:JR「上臼杵駅」下車、徒歩5分・JR「臼杵駅」下車、車で10分

(2)東:九州道臼杵ICより5分

基本情報を見る

福良天満宮は、九州地域にある天満宮のひとつです。天満宮は、明治天皇の命により、天皇の福良天満宮として開かれました。その後、昭和天皇により、福良天満宮に対する祭典の名称を「福良天満宮寺」と改めました。

福良天満宮は、城壁に建てられ、伝統的な住居を持つ福良天満宮寺があります。寺は、大正天皇の命により、昭和天皇により、新天皇の福良天満宮として建てられました。

福良天満宮寺内には、天皇の福良天満宮に関する歴史的な写真や、天皇の福良天満宮に関する歴史的な資料が多数掲載されています。また、寺内には、天皇の福良天満宮に関する歴史的な話題である「天皇の福良天満宮事件」をテーマにした歴史的な展示も実施されています。

天満宮は、年間で約2,000人が訪れるため、参拝者の皆さまには、とても有名な寺です。ぜひ、福良天満宮を訪れてみてください!

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。