西林寺(福岡県糸島市)


西林寺(福岡県糸島市)の地図情報☜

西林寺(福岡県糸島市)について

寺宝の木造阿弥陀如来坐像は国の重要文化財。平安時代の恵心僧都の作。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒819-1322 
福岡県糸島市志摩御床355

電話番号

092-328-2407

交通アクセス

(1)JR筑肥線筑前前原駅からバスで15分

基本情報を見る

西林寺は、福岡県糸島市にある寺院で、建てられたのは、平安時代になるときに、糸島の県内で最も高い寺院として名高い。建てられたのは、八方寺という名のふくろうがあったが、八方寺は消滅したため、西林寺となった。

池袋の中にある西林寺は、大きな寺院で、入口のところには、聖母マリアの像があり、その後には、多くの寺院のようなものがある。

西林寺は、八方寺と同様、三条宮という名のふくろうがあり、八方寺は消滅したため、西林寺となったが、三条宮は建てられたので、三条宮と西林寺は寺院としては同じものなのである。

寺院内には、多くの雕塑があり、その中でも特に人気があるのが、西林寺の「薔薇の霊像」である。

その薔薇の霊像は、雕刻がとても素晴らしく、その中でも特に人気があるのが、薔薇の霊像の上には、天使が乗っているように見える。

薔薇の霊像は、雕刻がとても素晴らしく、その中でも特に人気があるのが、薔薇の霊像の上には、天使が乗っているように見える。

西林寺は、福岡県糸島市の中心にあり、糸島の中でも一番高い寺院である。寺院内には、多く

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。