高寺院


高寺院の地図情報☜

高寺院について

高寺院は、球磨郡で最古の寺院です。(相良氏入国以前の古寺) 375段の石段を登ると頂上に国指定登録有形文化財高寺院毘沙門堂があります。かつては、国指定重要文化財の木造毘沙門天立像が安置されていました。(現在、毘沙門天立像は本堂の収蔵庫に安置) また、敷地にある『疳墓堂』は、子供の夜泣きやひきつけ等に効くといわれています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒868-0092 
熊本県球磨郡山江村大字山田甲1640

電話番号

0966-23-3051

交通アクセス

(1)人吉ICから車で10分

(2)人吉駅から車で10分

基本情報を見る

当高寺は、西元1092年、徳川家康によって建立されたとされる。徳川幕府による寺院の統一を受けて、大正15年には、第2本寺として所蔵書物の一部を集めた高寺院所蔵書「大正高寺所蔵書」が発行された。

高寺は、日本の神道文化においても重要な要素となっている。徳川幕府が建立した当時、日本の神道教育においても高寺が重要な存在となっていた。また、高寺は、日本の寺院の素晴らしさを誇り、多くの人々に愛されている。

高寺には、多くの規模の寺院があり、その中でも特に愛情を注いでいる寺院と評価されている。このため、高寺を訪れる人にとって、様々な魅力がある。

高寺は、大正12年10月5日に地震により大変損失したが、復旧に向けて積極的に取り組んでいる。そのため、高寺を訪れる際には、地震による損失を体験することができる。また、高寺内には、大正12年10月5日に地震により大変損失した高寺様子館もあり、様々な情報を楽しめる。

高寺は、徳川幕府時代に建立されたが、大正15年に大正高寺所蔵書が発行されたことで、徳川幕府時代に建立された寺

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。