賀来神社


賀来神社の地図情報☜

賀来神社について

承和3年創建。旧県社。
賀来神社秋季大祭は、卯酉年(6年に1度)に大名行列が行なわれる、善神王さまの祭典です。
150名からなる行列が進み「コラッサ」のかけ声で傘投げなどの妙技がみられます。
大名行列は、初日、6日目、最終日の晩に神社近くで行なわれます(卯酉の年は11日まで)。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒870-0877 
大分県大分市賀来58

電話番号

097-549-5568

交通アクセス

(1)大分駅から11分(【JR】大分駅から久大本線で11分、賀来駅下車。)

賀来駅から12分(駅から徒歩約12分)

基本情報を見る

九州地域にある賀来神社は、九州の代表的な神社であり、国宝の石油神社とも称されている。賀来神社は、古代旧河口都市の賀来の神社として知られていた。

賀来神社は、九州の中心地となる九州市の西部に位置する。市内には、平安時代に賀来が祀られた神社が多くある。賀来神社は、九州市の東部にある古布施賀来寺と並んで、九州市の中心地となる神社となっている。

賀来神社は、夕方から深夜まで開催される祭事の中でも一番大きな祭事である。市内のすべてのパブ、レストラン、高級ホテルなどで、祭りの最終日の混雑におけるお客様のサービスを提供する。

賀来神社は、神社名が「賀来」なのは、賀来が神社を祀ったことで、賀来神社は賀来の力を持つ神社となったからである。また、「神社名」とは、神社が祀られる地域のことであり、その祭りが行われる地域の民俗的な特性を表している。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。