八幡古表神社


八幡古表神社の地図情報☜

八幡古表神社について

千年以上の歴史を持つ由緒ある神社。木造女神騎牛像をはじめ多数の重要文化財を有している。とりわけ有名なのが4年に1度開催される「細男舞・神相撲(くわしおのまい・かみずもう)」で、木製の傀儡子の素朴でユーモラスな操りは古来の芸能を今に伝える貴重な神事である。また、毎年8月6日・7日には、神々の衣を虫干しする「乾衣祭(おいろかし)」が行われ、色とりどりの衣が社殿いっぱいに干されるさまは圧巻である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒871-0802 
福岡県築上郡吉富町小犬丸353-1

電話番号

0979-22-3237

交通アクセス

(1)吉富駅から徒歩で20分

基本情報を見る

はじめに

神社は、日本における神話や信仰の社会的基盤となってきた経済的・政治的機関です。神社には、古代から現在まで幅広く使われてきた品物や礼儀が混在しています。神社には、日常の生活に役立てられる価値観や考え方が混ざっています。

そのため、神社に関する詳しい情報は、様々な地域で探していく必要があります。今回は、九州地域にある「八幡古表神社」をご紹介します。

八幡古表神社は九州地域にある古代神社です。表神社の名称は、鎌倉時代に発見された八幡岩から採られたもので、その形態は二重三重の古い棚を通して建てられています。表神社には、大型の祭祀器や神輿が多数置かれています。表神社には、平安時代から明治時代にかけて、多くの古代遺跡があります。

八幡古表神社には、九州地域にある古代神社です。表神社の名称は、鎌倉時代に発見された八幡岩から採られたもので、その形態は二重三重の古い棚を通して建てられています。表神社には、大型の祭祀器や神輿が多数置かれています。表神社には、平安時代から明治

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。