三柱神社(福岡県柳川市)


三柱神社(福岡県柳川市)の地図情報☜

三柱神社(福岡県柳川市)について

文政9年(1826年)九代藩主鑑賢公の創建にかかるもので、藩親立花宗茂公と夫人ぎん千代および岳父戸次道雪の三神を祀り、社名もこれに起因しています。
三柱神社の秋の大祭は、「おにぎえ」と呼ばれています。
これは「大賑わい」が由来です。
この「おにぎえ」の中日に神幸行列がおこなわれますが、その先頭に進む山鉾が「どろつくどん」です。「どろつくどん」という呼び名は、お囃子の音に由来しています。
これは、文政9年の遷宮式の時に、外町(現保加町)の人たちが江戸神田明神の葛西囃子と京都の祇園山鉾を参考に作って奉納し、大好評を得たため、毎年奉納されるようになったと言われています。
現在では、保加町、上町、蟹町、京町三丁目の四町が一年交替で出しています。
この「どろつくどん」は、県の無形民俗文化財に指定されています(昭和41年指定)。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒832-0826 
福岡県柳川市三橋町高畑323-1

電話番号

0944-72-3883

交通アクセス

(1)西鉄柳川駅から徒歩で5分

基本情報を見る

神社の名称は、「三柱神社」。

神社は、福岡県柳川市にある。

三柱は、三つの葉を示し、この地域を日本三大三柱市と呼び、県内でも最も多くの神社がある。

神社内には、祖神の墓があり、その墓の前には、三柱が建てられている。

三柱神社は、平成24年8月1日に建てられた。

神社の設立にあたり、県内でも話題となった。

三柱神社では、平成27年11月1日から、「県民のための柳川三柱神輿運動」が開始された。

この柳川三柱神輿運動は、神社内での記念活動で、県内各地で大会が行われている。

三柱神社は、祖神の墓において、三柱が建てられているのが特徴的。

三柱神社は、福岡県柳川市にある神社です。

三柱神社は、福岡県柳川市にある神社です。

神社内には、祖神の墓があり、その墓の前には、三柱が建てられているのが特徴的。

三柱神社は、平成24年8月1日に建てられた。

三柱神社では、平成27年11月1日から、「県民のための柳川三柱神輿運動」が開始された。

この柳川三柱神輿運動は、神社内での記念活動で、県内各地で大会が行われ

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。