応暦寺


応暦寺の地図情報☜

応暦寺について

応暦寺は山号を大岩屋といい、国東六郷満山中山本寺の名刹で、養老2年(718年)仁聞菩薩によって開かれたと伝えられています。石段を登るとまず目に飛び込んでくるのは「薬医門」と呼ばれる山門で、瓦の重みでバランスをとった珍しい作りです。応暦寺は石仏のお寺としても有名で本堂に延びる畳石は曼荼羅図になっており、新たなパワースポットとしても注目されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒872-1102 
大分県豊後高田市大字大岩屋401番地

電話番号

0978-53-4427

交通アクセス

(1)宇佐駅からバスで30分(原田医院前で下車)

停留所からタクシーで15分

(2)東九州自動車道宇佐ICから車で60分

基本情報を見る

九州地域には、暦寺が多く存在します。その中でも、最も古くから信仰されている暦寺が、鹿児島県西部にあります。この暦寺は、平安時代に建立されたもので、1492年に九州大学の教授が、この暦寺を訪れたことで、この暦寺が本格的に建立されたと言われています。暦寺には、多重な信仰を持つ人々が集まっています。また、この暦寺は、平安時代に、鹿児島県にある聖杯会堂とともに、世界中から聖堂として知られている、鹿児島県の一つの地に位置しています。そのため、その地での暦法の講習や、聖堂に行くなど、暦寺には多くの人に足を運んでもらえる機会があります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。