宮原観音堂


宮原観音堂の地図情報☜

宮原観音堂について

人吉球磨地方に点在する観音霊場をお参りしてまわる「相良三十三観音二十九番札所」。造りは建物寄棟茅葺厨子、ご本尊は聖観音座像で江戸時代の作といわれ、堂宇と厨子は県指定重要文化財。子授けや安産に御利益があると言われる観音様。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒868-0431 
熊本県球磨郡あさぎり町岡原北1323

電話番号

交通アクセス

(1)あさぎり駅から車で10分

基本情報を見る

近年、その観音館の建設に取り組んでいる支援団体である「九州観音館協会」が、今年3月に開館した観音館の原型建築として、宮原観音堂が選ばれました。同場所は、九州沖縄県南部の大和原市。

宮原観音堂は、世界遺産に登録された宮原三宅寺の一つ。豊富な資源を生かし、お寺と観音館を結ぶ巨大な建築物となっています。

観音館の建築は、豊富な資源を生かした建築物となっています。資源を生かした建築物となっています。

観音館の建築は、資源を生かした建築物となっています。資源を生かした建築物となっています。

宮原観音堂は、世界遺産に登録された宮原三宅寺の一つ。豊富な資源を生かし、お寺と観音館を結ぶ巨大な建築物となっています。観音館は、約180mの広さ、約500万本の本棚があり、観音師たちが授業を行ったり、観音僧院などの観光客が観光を楽しんだりすることができます。

宮原観音堂では、世界遺産に登録された宮原三宅寺の一つですが、その観音館の原型建

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。