崇円寺


崇円寺の地図情報☜

崇円寺について

天草四ヶ本寺のひとつ。
天草五人衆の一人、天草氏の居城であった河浦城跡に建てられた寺。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒863-1202 
熊本県天草市河浦町河浦

電話番号

交通アクセス

(1)本渡から車で45分

基本情報を見る

崇円寺は九州地域におけるお寺で、明治以降、大正時代には津波による大きな損失を被ったという厳しい経験を持つ寺です。仏教の教えを受け、慈悲深い心を持つ人々が集まっています。また、元々は崇円寺の寺院内に菩提樹が栽培されていたため、菩提樹による力強い信仰が持ち、現在でも多くの人が崇円寺に行っています。

崇円寺は入口にある塔が一階にあり、樹木が多く、内部には崇円寺という名前の下に、八十八扇塔があります。八十八扇塔は、世界中から探されているという崇円寺の魅力を語る扇塔です。下にある入口は、菩提樹が栽培されている地域の一つで、崇円寺内に菩提樹が栽培された場所はありません。

崇円寺の内部には、寺院内にある扇塔と同じような扇塔が数多くあります。入口にある塔は、崇円寺の精神を表すものと考えられています。崇円寺内には、仏教の教えを受けた人々が集まっています。また、元々は崇円寺の寺院内に菩提樹が栽培されていたため、菩提樹による力強い信仰が持ち、現在でも多くの人が崇円

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。