大明寺教会


大明寺教会の地図情報☜

大明寺教会について

旧大明寺教会は,国宝大浦天主堂に次ぐ現存する日本最古のゴシック式建築で,明治12年に建築された。今は愛知県犬山市の明治村に復元されている。現在の教会は鉄筋コンクリート2階建の近代的な教会となっている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒851-1201 
長崎県長崎市伊王島町1-1060

電話番号

交通アクセス

(1)伊王島港から徒歩で20分

基本情報を見る

天主教の寺院である大明寺教会は九州地域においても、多くの人に愛されています。当教会は、天主教の文化を継承し、社会に貢献してきました。今、教会は、オリンピック・パラリンピックの幕開けに向けた大きな活動を行っています。また、教会は、教育活動なども行っています。大明寺教会は、九州地域における一番古い天主教寺院です。この寺院は、1053年に建立されました。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。