安長寺


安長寺の地図情報☜

安長寺について

甘木の地名の由来で知られる甘木山(かんぼくざん)安長寺。1月4日・5日には、甘木バタバタ市が開催され、郷土玩具の豆太鼓「バタバタ」が販売されます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒838-0068 
福岡県朝倉市大字甘木八日町

電話番号

0946-22-5361

交通アクセス

(1)甘木バスセンターから徒歩で

基本情報を見る

寺院は、明治時代に建立されたもので、現在は日本一の長寺として知られています。安長寺は、桜井寺、明治天皇の結婚式、猿山寺など様々なイベントが行われています。寺院の建物は、黒い建物の中に白い建物が入っています。これは天皇が、白い猿山を持ち、見ることができる場所に造られたためです。

安長寺は、九州地域にある最高級の長寺で、寺院内には約千坪の大きな長廊があります。長寺内には、天皇の墓地、天皇妃の墓地、東大寺の墓地などがあります。寺院内には、天皇妃の聖堂、天皇の墓、天皇の王宮があります。

安長寺は、九州地域にある最高級の長寺で、寺院内には約千坪の大きな長廊があります。長寺内には、天皇の墓地、天皇妃の墓地、東大寺の墓地などがあります。寺院内には、天皇妃の聖堂、天皇の墓、天皇の王宮があります。

しかし、安長寺は、ほとんどのイベントには参加できません。たとえば、天皇の墓地などは、入場料がかかります。また、天皇の墓地は、入場料がかかりますが、天皇妃の墓地は、無料です。なお、天皇の墓地と天皇妃の墓地は、2日間に1回入場できます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。