成田山不動寺


成田山不動寺の地図情報☜

成田山不動寺について

昭和39年に真言宗智山派の大本山成田山新勝寺より不動明王をお迎えして開山したのが、成田山不動寺です。除災延命家運隆昌交通安全の守護神として親しまれています。桜の名所でもあり、展望もすばらしい。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒811-4203 
福岡県遠賀郡岡垣町大字内浦885

電話番号

093-282-1643

交通アクセス

(1)海老津駅からタクシーで15分

基本情報を見る

九州地域にある不動寺は、平安時代から宗教の教団として活動している。日本書紀に登場する「天心寺」の聖者である禅師・比叡山禅師の仏教徒である柳宗悟が、平安時代の地方で唯一の宗教の教団として教団を建てたことから、「不動寺」と呼ばれる。不動寺は、柳宗悟の後に河内長宗(1336-1398)の治世以降、宗教の教団としての活動を続けてきた。

不動寺は、八幡宮、南宮、下宮、上宮の五寺からなる不動寺の元教会である。八幡宮は、平安時代に建てられたもので、国王の東境にあり、国王の敬愛を受けた寺院である。不動寺の八幡宮は、天心寺とも呼ばれる。南宮は、柳宗悟が建てた寺院で、比叡山禅師の仏教徒である柳宗悟が治世以降、不動寺の教団である不動寺八幡宮を管理していた。下宮は、柳宗悟が建てた寺院で、比叡山禅師の仏教徒である柳宗悟が治世以降、不動寺の教団である不動寺下宮を管理していた。上宮は、河内長宗が建てた寺院で、河内長宗が治世以降、不動寺の教団である不動寺上宮を管理していた。

不動寺は、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。