普門寺(長崎県平戸市)


普門寺(長崎県平戸市)の地図情報☜

普門寺(長崎県平戸市)について

松浦家第35代観中熈公のお墓があります。
境内には1814年、平戸藩主代21代松浦義が植えたとされる大杉だけで「景粛堂」が建てられ、大杉一本のみで建てられたため、「一本堂」とも言われています。
1979年2月に市の文化財に指定されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒859-5362 
長崎県平戸市木ケ津町1457

電話番号

0950-22-9140

交通アクセス

(1)平戸桟橋から車で30分

基本情報を見る

普門寺は長崎県平戸市にある、長崎県南部の聖地で、平戸時代には平安時代にかけて有名な寺院として知られています。

普門寺は、仏教、基督教、ローマ教、そして日本の国宝とも呼ばれる大阪資源の寺院です。

普門寺の寺院内には、大阪資源の寺院として知られる「大阪絵画」が多数残されており、普門寺は、大阪資源の寺院としても知られています。

また、普門寺は、大阪で最も古くから保存されている寺院でもあり、平安時代から改めて保存されています。

普門寺は、平戸時代から、徳川幕府によって権力を持つ寺院として栄え、関西仏教に対する中央集権主義者の支配下にありました。

しかし、幕府による寺院の権力の下では、平安時代にも活動していた寺院や文化が生き残ることになりました。

普門寺は、平戸時代、徳川幕府時代、明治時代にかけて、平安時代にかけて有名な寺院として知られています。

普門寺は、大阪資源の寺院として知られる「大阪絵画」が多数残されており、普門寺は、大阪資源の寺院としても知られています

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。