国分寺(長崎県壱岐市)


国分寺(長崎県壱岐市)の地図情報☜

国分寺(長崎県壱岐市)について

741年(天平三年)に全国に国分寺創建の詔が発せられた。壱岐では1738年,現在地に再興。かつての国分寺跡は県の史跡。本堂には本尊の他に弘法大師像が安置されている。この像は60年に1回だけ開扉される秘仏である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒811-5732 
長崎県壱岐市芦辺町中野郷西触725

電話番号

0920-45-2375

交通アクセス

(1)芦辺港から車で10分

(2)芦辺港からバスで(国分・当田経由芦辺港線のバスに乗り「国分」で下車)

(3)郷ノ浦港からバスで20分(国分・当田経由瀬戸行線のバスに乗り「国分」で下車)

(4)郷ノ浦港から車で15分

基本情報を見る

原種:日本分寺

場所:長崎県壱岐市

分寺の紹介

日本分寺は、長崎県壱岐市にある聖なる場所。明治25年(1894年)に日本分寺が創建され、現在では日本分寺全国連合会が運営している。日本分寺は、明治時代には長崎県西部で最も重要な伝統文化遺産となった。分寺内には、多くの寺院があり、多くの寺には様々な歴史的建造物がある。分寺内には、明治時代には海軍の軍事拠点として使われていた大型建築物、今は日本分寺観光地の一つとなっている。分寺内には、日本初の天皇大臣記念館がある。また、日本分寺内には、国立劇場長崎劇場がある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。