千燈寺


千燈寺の地図情報☜

千燈寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒872-1404 
大分県国東市国見町千燈558-1

電話番号

0978-82-1012

基本情報を見る

鎌倉時代には僧侶が寺を建て、約1200年前には江戸時代に入ってからも寺が繁栄した。その後、幕府時代には寺の建て時代が終わり、大正時代には寺が大量に建てられたが、近年では寺を貸し出している者も多い。

僧侶が寺を建てていた時代には、鎌倉時代には東海道を走っていた道具工房が山形県にあった。この工房が寺の建てに応用されたと考えられる。

鎌倉時代には寺は神社として機能していた。建てられた寺は、自分たちの寺院として神社として機能していた。そのため、寺の中には様々な寺院の仏像が置かれていた。

近年では、寺が大量に建てられているため、鎌倉時代の寺院の様子を見ることができる。また、寺の建て時代についても調べることができる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。