専称寺(佐賀県多久市)


専称寺(佐賀県多久市)の地図情報☜

専称寺(佐賀県多久市)について

樹齢600年の大つつじがあり,境内には中世の武将少弐政資・資元父子の墓や血曳石、核割梅などがある。毎年7月13日には、現代筝曲の源流である筑紫筝曲の創始者諸田賢順の命日7月13日に偲ぶ会が開催される。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒846-0031 
佐賀県多久市多久町2158

電話番号

0952-75-2440

交通アクセス

(1)多久駅からバスで10分

(2)多久駅からタクシーで10分

基本情報を見る

寺は、佐賀県多久市中央区にある。寺の地図

寺の周辺情報

寺内には「観音堂」という高さ約5メートル、「法華寺」という寺院に建てられた「清水寺」があり、「観音堂」と「法華寺」は寺院全体に対して寺院の栄光を祈願する場所として機能している。また、「鳥取県立美術館」の近くにある「寺田川敷」には、寺院の建物に囲まれた敷地内に、寺院の栄光を祈願する場所が用意されている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。