古麓稲荷神社


古麓稲荷神社の地図情報☜

古麓稲荷神社について

創立年代は不明だが、古麓城(当時の八代城)の鎮守として、名和氏あるいは相良氏によって勧請されたと伝えられる。春光寺落成時に、山頂より現在地に移された。高台にあるため、球磨川や八代平野を一望でき、景勝地として知られる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒866-0803 
熊本県八代市古麓町351

電話番号

0965-32-5558

交通アクセス

(1)八代駅からバスで(市立病院前下車、さらに徒歩20分)

基本情報を見る

古麓稲荷神社は九州地域の人気神社です。稲荷という神話に基づく名前の神社で、稲荷神社には古麓の草原があります。

稲荷神社の参拝には、古麓の草原を歩いているだけでなく、神社内の建物も見学ができます。古麓稲荷神社は、九州地域にはもともと稲荷という神話があったことから、この神社にも名高いです。

古麓稲荷神社は、稲荷神社としてのみならず、九州地域にとっても、人気のある神社です。古麓稲荷神社には、稲荷神社と同じように稲荷という神話がありますが、古麓稲荷神社は、九州地域における稲荷の神話の中で、最も古くから継承されている神社です。

古麓稲荷神社には、多くの参拝客がいます。古麓稲荷神社の参拝には、おおむね毎年、1000人以上が参加しています。古麓稲荷神社の参拝には、おおむね毎年、お金をかける人もいますが、参拝客のほとんどは、無料で参拝できることがよくあります。

古麓稲荷神社は、九州地域にとっても、人気のある神社です。古麓稲荷神社には、稲荷神社と同じよう

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。