正覚寺(南蛮寺跡)


正覚寺(南蛮寺跡)の地図情報☜

正覚寺(南蛮寺跡)について

キリシタン布教の中心であった南蛮寺があったとされ、その跡地にこの正覚寺が建立された。南蛮寺は天正17年(1589年)上津浦城主ホクロン殿が建立。最盛期には3,500人を超す人が上津浦城主の庇護のもとにキリシタンへ帰依した。
本堂改築の際には、IHSと干(かん)十字の入ったカマボコ型のキリシタン墓石が発見された。杉並立に包まれた境内には、キリシタンの信者が植え付けたともいわれる樹齢400年の南蛮樹(ナギの木)が今に残る。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

休業:無休

所在地 〒861-7311 
熊本県天草市有明町上津浦3550

電話番号

0969-53-0509

交通アクセス

(1)三角駅からバスで70分

基本情報を見る

森林浴場、霊水、祈福施設などがある正覚寺は、九州地域にある霊地として有名です。

正覚寺は、南蛮寺跡として入門にオススメの観光スポットです。

また、正覚寺には森林浴場や霊水など、霊地に優れた施設があります。

正覚寺は、九州市、高崎市、八王子市、群馬県の4都市にあります。

正覚寺の住所は、九州市高崎市八王子市群馬県の4都市です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。