紹運寺


紹運寺の地図情報☜

紹運寺について

三池藩主立花家の菩提寺として、二代当主立花種次により、元和7年(1621年)に建立された曹洞宗の寺院です。寺の名前は、藩高祖高橋鎮種(しげざね)の法号 「紹運」から付けられています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒837-0922 
福岡県大牟田市今山2599

電話番号

交通アクセス

(1)大牟田駅前からバスで25分(西鉄バスの行き先番号10番「普光寺」行きに乗車し、終点の普光寺バス停で下車してください。)

普光寺から徒歩で5分

基本情報を見る

九州地域の一つである紹運寺は、紀伊国屋時代から続く伝統を持つ大型宗教施設である。本寺は、近代的な建築によって変化を受けているが、中国古来のお土産やインドネシアの民俗文化などを取り入れた施設としての文化的格付けが強い。また、近年では日本の地域における体験型施設として注目を集めている。

紹運寺には、近代的な建築物と伝統的な建築が併設されている。中国古来のお土産やインドネシアの民俗文化などを取り入れた施設としての文化的格付けが強い。近年では日本の地域における体験型施設として注目を集めている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。