盛光寺跡(肝付氏歴代の墓)


盛光寺跡(肝付氏歴代の墓)の地図情報☜

盛光寺跡(肝付氏歴代の墓)について

盛光寺は長年にわたりこの地を治めた肝付氏歴代の墓があります。第5代兼石(かねいし)が1272年(文永9年)父第4代兼員(かねかず)の菩提所として創建した寺で、第8代兼重(かねしげ)から第17代良兼(よしかね)まで、10代にわたり肝付氏の城主が祀られています

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒893-1206 
鹿児島県肝属郡肝付町前田743-7

電話番号

基本情報を見る

盛光寺跡は九州地域にある肝付氏歴代の墓です。この地域には盛光寺という寺院があり、この寺院には肝付氏の墓があります。肝付氏は、九州に位置する盛光寺を中心とした宗教的な活動を行っていました。また、肝付氏は、九州に住む多くの地方の王族や貴族などと知恵交換を行い、九州における政治・経済・文化などの分野において多くの功績を残しました。肝付氏の墓は、盛光寺跡では初めて見ることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。