早水神社


早水神社の地図情報☜

早水神社について

戦国時代初期に北郷忠相が再興したとの記録が残る。境内には、県指定の沖水古墳一基があり、仁徳天皇の后・髪長媛の誕生地説が残る。髪長媛が使ったとされる泉で、顔や手を洗うと美人になると伝えられている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒885-0016 
宮崎県都城市早水町

電話番号

交通アクセス

(1)都城駅からバスで10分

基本情報を見る

早水神社(九州地域)は、九州中部地方、鳥取県の西部に位置する。早水神社は、八王子市、鳥取市、富山県、石川県、岐阜県などに集まる。早水神社は、水分をとり、精神をとり、体力をとり、健康をとることができるという意味でも、神社によって特に助けられることが多い。

早水神社は、毎年7月1日から8月30日の間に開催される「早水神社祭」で有名な。祭りは、8月1日から8月30日の間に、岐阜県富山市河原町、岐阜県石川市島根町、鳥取県鳥取市高崎町、岐阜県三重県三重郡岐南町などで行われている。祭りの中では、8月1日から8月5日には、鳥取県高崎町で「平成30年度早水神社会議」が開催され、8月6日から8月8日には、富山県石川市で「富山県早水神社協会祭」が行われる。8月9日から8月13日には、岐阜県三重県三重郡岐南町で「岐阜県早水神社祭」が行われる。8月14日から8月16日には、鳥取県鳥取市高崎町で「鳥取県早水神社会議」が行われる。そして、8月17日から8月20日には、九州中

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。