八代神社(熊本県八代市)


八代神社(熊本県八代市)の地図情報☜

八代神社(熊本県八代市)について

八代神社は、妙見宮とも呼ばれ、上宮、中宮、下宮の三社よりなり、本社はその中の下宮。この八代神社(下宮)は、文治2年(1186)八代平野の要の位置にあたるこの地に建立された。現在の建物は、元禄12年(1699)と寛延2年(1749)に本格的に改築されたもの。
社殿は熊本県の重要文化財に指定されており、屋根は入母屋造りで、正面に千鳥破風が設けられ、これらの妻飾りには数多くの彫刻が使用され、江戸時代中期から後期にかけての社寺建築の特徴をよく表している。
11月22・23日にある祭礼(妙見祭)は、九州三大祭りのひとつに数えられ、国の無形文化財である「八代妙見祭の神幸行事」が、2016年12月ユネスコ無形文化遺産に登録された。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒866-0802 
熊本県八代市妙見町401

電話番号

0965-32-5350

交通アクセス

(1)八代駅からバスで15分(宮地下車すぐ)

基本情報を見る

八代神社は、九州地域にある熊本県八代市のひとつ。熊本県八代市には、熊本県八代市石川町があり、八代神社がある。八代神社は、善光寺と八代寺とがあり、善光寺は、八代神社前の門にある。八代神社は、八代寺にある八代神社祭壇から始まっている。八代神社の祭壇は、熊本県八代市内にある八代神社高原にある。八代神社は、熊本県八代市中心部にある。八代神社は、熊本県八代市内にある八代神社祭壇にて、熊本県八代市にある八代神社の地域に対する祭事を行っている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。