独鈷寺


独鈷寺の地図情報☜

独鈷寺について

最澄が帰朝後最初に開いた寺と伝えられている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒811-0102 
福岡県糟屋郡新宮町大字立花口1098

電話番号

交通アクセス

(1)JR福工大前駅からバスで15分(新宮町コミュニティバス(山らいず線))

立花小学校前バス停から徒歩で5分

基本情報を見る

その1、本鈷寺は九州地域における最古の寺院である。「本鈷寺」という名称は、元々は「本鈷」という名のつけられた寺院のことである。建立は8世紀頃になる。その後、11世紀初頭には、天皇陛下が本鈷寺に寄せて、この地域における聖典の執筆を依頼したことがある。

その2、本鈷寺の目的は、聖典の執筆や、聖徳太子御守の僧侶の修行に特化している。また、天皇陛下が本鈷寺に寄せて、この地域における聖典の執筆を依頼した際に、修行に励ますための教えとしても使われている。

その3、本鈷寺の建物は、平安期には大川町にあったとみられる道路の前に建てられている。その後、建立されたのは江戸時代になる。その後、昭和時代になると、寺院の一部を再建した。そのため、その建物の外観は変わっていないが、内部の寺院は大幅に修復されている。

その4、本鈷寺は、各地の人々に寄り添って修行に励ますことができる。また、僧侶や修行員がいるため、その地域では、僧侶の修行や、聖徳太子御守の修行についての研究が行われている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。