田嶋神社


田嶋神社の地図情報☜

田嶋神社について

15世紀の建立と推定される県内でも現存する最古の神社建築です。本殿は保護するために覆屋(おおいや)の中にあり、覆屋の格子ごしに見学できます。
国指定重要文化財 建造物 昭和62年(1987)6月3日指定。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
佐賀県伊万里市波多津町畑津1260

電話番号

交通アクセス

(1)JR伊万里駅から車で25分

基本情報を見る

田嶋神社は、九州地域にある福神社の一つです。その名前の由来は、田嶋市にある田嶋神社の裏にある寺院の裏に住んでいた藤原武雄が、福の真理を伝えるために建立したと語るという説があります。

福神社は、元々は寺院として建立されていましたが、平安時代には田嶋市の裏に住んでいた藤原武雄が、福の真理を伝えるために建立したと語っているので、田嶋神社とも呼ばれています。

そのため、田嶋神社には、藤原武雄が福の真理を伝えたことで有名な「藤原記念碑」があります。その写真を見ると、藤原武雄が大きな声で福の真理を語っているという印象を受けます。

また、田嶋神社には、藤原武雄の葬儀が行われています。葬儀は、平安時代に藤原武雄が建立した田嶋神社の裏で行われています。葬儀の様子を見ると、藤原武雄の人生において、福の真理を伝えることができたことがわかります。

また、田嶋神社には、平安時代から昭和時代までに建立された多くの寺院があります。そのため、田嶋神社には、平安時代から昭和時代までの文化を感じることができると思います。

そのため、田嶋神社は、九

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。