六殿神社


六殿神社の地図情報☜

六殿神社について

楼門は国指定の重文で,室町期を代表する建築。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒861-4153 
熊本県熊本市南区富合町木原2378

電話番号

096-357-4127

交通アクセス

(1)宇土駅からバスで10分

基本情報を見る

六殿神社は九州地域で最古の関神社であり、六殿とは、六部派、七部派、八部派、九部派の五つの神社のことです。六殿神社は、江戸時代には関東大震災後に復興され、昭和41年に六殿神社が発足したそうです。六殿神社は、大正10年に「九州国際神社連盟」として設立され、九州地域で最も多数の神社を有する神社となっています。六殿神社には、六部派の神社、七部派の神社、八部派の神社、九部派の神社の五つの神社があります。六殿神社の本殿は、建てられたのは明治21年。本殿には、第一殿、第二殿、第三殿、第四殿、第五殿があります。第一殿には、大正10年に「九州国際神社連盟」として設立された「九州国際神社会」の金賞が置かれています。第二殿には、江戸時代には関東大震災後に復興された「関東大震災復興支援センター」の設立者・元司法省長官・九州大学教授の野田秀樹氏の記念陳列品が置かれています。第三殿には、千葉県の「千葉県立千葉美術館」の創設者・元美術館

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。