鎮国寺


鎮国寺の地図情報☜

鎮国寺について

弘法大師(空海)は、第16次遣唐使船で入唐の砌(みぎり)、大暴風雨に遭遇されました。この時危難を救わんが為、海の守護神宗像大神をはじめ諸仏菩薩に祈誓を込められたところ、波間に不動明王が示現されました。右手に持たれる般若の利剣で波を左右に振り払われると、荒れ狂う風波は瞬く間に静まり、無事唐土に着くことが出来たのです。
 首都長安(西安)において、青龍寺の恵果阿闍梨から真言の秘法を授かり、大同元年(806)に帰朝された弘法大師は、まず宗像大社に礼参されました。その時、屏風山に瑞雲が棚引くのを観られ、奥の院岩窟において修法を始められたところ、「この地こそは鎮護国家の根本道場たるべき霊地」とのお告げをこうむり、一宇を建立し、屏風山鎮国寺と号されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒811-3506 
福岡県宗像市吉田966番地

電話番号

0940-62-0111

交通アクセス

(1)東郷駅からバスで20分

徒歩で15分

基本情報を見る

鎮国寺は九州地域にある洋風に建てられた寺院で、建物は天然石で作られています。鎮国寺は平安時代から奈良時代にかけての寺院で、大乘仏教を中心とした信仰を優先しています。鎮国寺は、奈良県下西部にある津波被害を受けていないため、入場料無料となっています。

鎮国寺は、天然石で作られた建物の素敵な外観と、大乘仏教を中心とした信仰があるため、観光客から多くの人気を集めています。鎮国寺は、奈良県下西部にある津波被害を受けていないため、入場料無料となっています。また、鎮国寺は、天然石で作られた建物の素敵な外観と、大乘仏教を中心とした信仰があるため、観光客から多くの人気を集めています。

鎮国寺には、天然石で作られた建物が多く、観光客から多くの人気を集めています。鎮国寺は、奈良県下西部にある津波被害を受けていないため、入場料無料となっています。また、鎮国寺は、天然石で作られた建物の素敵な外観と、大乘仏教を中心とした信仰があるため、観光客から多くの人気を集めています。

鎮国寺は、奈良県下西部にある津波被害を受けていな

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。