常福寺(千葉県山武市)


常福寺(千葉県山武市)の地図情報☜

常福寺(千葉県山武市)について

常福寺は平賀本土寺(松戸市)の末寺として、日意上人が宝徳元年(1449年)に真言宗から日蓮宗に改宗したお寺です。祭神は大曼荼羅で、幾度かの火災にあい現在の建物は仁王門(建立年不詳)を除き、明治以降のものです。境内には千葉氏20代胤将(たねまさ)直系の孫・宍倉胤春(たねはる)の墓といわれる石碑があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-1223 
千葉県山武市埴谷1240

電話番号

交通アクセス

(1)山武成東ICから車で9分

すべての基本情報を見る

日本の大自然を感じるときには、常福寺(千葉県山武市)(東北地域)を見るのがお勧めです。

常福寺は、山間部に位置し、高原と海の間にあります。清流を流れる大河があり、夕焼けのときに最高の美しさを発揮します。

常福寺には、大自然と人の心を感じる観光スポットが数多くあります。例えば、百花繚乱のような素晴らしい花火大会が行われる「百花繚乱」、常福寺の中で最も古い寺院「桜井寺」、新しい寺院「日本橋寺」などがあります。また、常福寺では、平安時代から現在まで、武士道を守った道具を使った寺院「武士道寺」があります。

常福寺に行くと、大自然と人の心を感じる観光スポットが数多くあります。ぜひ、初めての方でも気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。