金福寺(茨城県結城市)


金福寺(茨城県結城市)の地図情報☜

金福寺(茨城県結城市)について

時宗二代遊行上人他阿真教により創建。宝永5年(1708)の結城町明細帳之控によれば,「西の宮金福寺に鐘があり時を告げる」とある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒307-0001 
茨城県結城市結城1387

電話番号

0296-33-5026

交通アクセス

(1)結城駅から徒歩で15分

(2)五霞ICから車で40分

(3)桜川筑西ICから車で35分

すべての基本情報を見る

「金福寺」は、茨城県結城市にある本殿の建て替えによる寺院で、平成7年5月に建立された。平成29年11月に金福寺で開催された「平成29年東京オリンピック・パラリンピック・パラリンピアン大会」で、日本女子バスケットボール選手権の大会初戦を行った。

金福寺は、大塚家の建て替えが盛んになった時代、寺院を求めて東京へ旅立った大塚家の息子・金塚家との交流がきっかけとなって、寺院を作り始めた。金福寺は、大塚家の特徴の一つとして、活動の範囲を広げることができる寺院であり、地域に寄生した自然、神話などを感じることができる。また、金福寺には、大塚家の息子・金塚家の葬儀で使用されている国内最小の寺院院塔「大塚塔」があり、現在でも、国内外の葬儀会社が使用する場所となっている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。