酒列磯前神社および酒列磯前神社の樹叢


酒列磯前神社および酒列磯前神社の樹叢の地図情報☜

酒列磯前神社および酒列磯前神社の樹叢について

酒列磯前神社は、斉衡3年(西暦856年)12月、神が大洗磯前の海岸に出現したので、大洗と酒列磯前に社を営んだと伝えられています。この地は椿山と呼ばれており、椿が密生していたといわれています。参道や境内には、ヤブツバキやダブノキ、スジダイなどの常緑広葉樹を主体とする自然林が広がり、ハマギクなどの海岸性の植物も混生しています。現在はパワースポットとして人気を集めています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒311-1202 
茨城県ひたちなか市磯崎町4607-2

電話番号

交通アクセス

(1)ひたちなか海浜鉄道 磯崎駅から徒歩で10分(JR勝田駅乗換)

(2)常陸那珂道路 ひたち海浜公園ICから車で10分(常磐自動車道~北関東自動車道経由)

すべての基本情報を見る

酒列磯前神社は、東北地域における旧朝鮮からの伝統を貫いた神社で、酒列磯前神社の樹叢は東北地域のみならず、日本全国に広がっています。

酒列磯前神社の樹叢は、東北地域に限らず、日本全国に広がっています。酒列磯前神社の樹叢は、東北地域に限らず、日本全国に広がっています。酒列磯前神社の樹叢は、東北地域に限らず、日本全国に広がっています。

酒列磯前神社の樹叢は、東北地域に限らず、日本全国に広がっています。酒列磯前神社の樹叢は、東北地域に限らず、日本全国に広がっています。酒列磯前神社の樹叢は、東北地域に限らず、日本全国に広がっています。

酒列磯前神社の樹叢は、東北地域に限らず、日本全国に広がっています。酒列磯前神社の樹叢は、東北地域に限らず、日本全国に広がっています。酒列磯前神社の樹叢は、東北地域に限らず、日本全国に広がっています。酒列磯前神社の樹叢は、東北地域に限らず、日本全国に広がっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。