光明寺(茨城県笠間市)


光明寺(茨城県笠間市)の地図情報☜

光明寺(茨城県笠間市)について

町内の大田町(浄土宗)と平町(浄土真宗)に二つの光明寺があります。大田町にある光明寺には、山門の脇と境内に大きなしだれ桜があり、花の季節ともなれば、素晴らしい景観が堪能できます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒309-1738 
茨城県笠間市大田町661

電話番号

0296-77-7042

交通アクセス

(1)宍戸駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

今回は、茨城県笠間市にある光明寺を詳しく紹介します。

光明寺は、平安時代から12世紀にかけて建てられた寺です。

その後、明治時代には、太平洋戦争によって大きな損害を受けたため、1931年に廃寺されました。

しかし、1989年に再建され、今回は、2015年に正式に開館されました。

光明寺には、太平洋戦争後に建てられた日本軍の墓地として使用された建物があります。

また、寺内には、日本の伝統的な文化の一部として残されているものが多数あります。

その中でも、特に注目されているのが、寺の中央にある天皇の像です。

天皇の像は、1885年に建てられました。

その後、明治時代には、日本の軍事的な成功を祝うため、天皇の像を多数建てていました。

そして、大戦中には、日本全国で使用されていた天皇の像です。

今回、寺内には、新たに建てられた天皇の像もあります。

また、寺内には、日本の伝統的な文化を感じられる建物が多数あります。

その中でも、特に注目されているのが、寺の中央にある天皇の像と、寺の下にある清水寺です。

清水寺は、1573年に建てられました。

その後、明治時代には、天皇の像と清水寺を合わせて、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。