成田山新勝寺


成田山新勝寺の地図情報☜

成田山新勝寺について

新勝寺は成田のお不動様として親しまれ、歌舞伎の成田屋・市川團十郎丈、海老蔵丈など多くの人々が江戸の昔から参詣する霊場です。。寛朝大僧正が天慶3年(940年)に開山した真言宗智山派の大本山です。本尊の不動明王は、平安時代、嶬峨天皇の勅願により弘法大師が一刀三礼、敬慮な祈りを込めて彫り開眼しました。朝夕に天下泰平・五穀豊穣・万民豊楽の護摩法を修せられた霊験あらたかなご尊像です。朱雀天皇の天慶2年(939年)、平将門の乱平定の為、寛朝大僧正によって当地に還座、成田山が開山されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒286-0023 
千葉県成田市成田1

電話番号

0476-22-2111

交通アクセス

(1)JR/京成成田駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

住所:岐阜県上田市山崎町新勝寺3丁目3-1

新勝寺は岐阜県上田市山崎町新勝寺3丁目3-1にあります。

新勝寺は、平安時代に建立された寺です。

建物は、二本の大きな柱に囲まれ、上部は、ひびの形をした天井に掛かっています。

桜がたくさん生えているので、寺の中に桜がたくさん美しく満ちています。

新勝寺は、体験的な寺です。

新勝寺は、平安時代に建立された寺です。

建物は、二本の大きな柱に囲まれ、上部は、ひびの形をした天井に掛かっています。

桜がたくさん生えているので、寺の中に桜がたくさん美しく満ちています。

新勝寺は、体験的な寺です。

新勝寺には、仏教の聖堂としての役割もあります。

仏教の聖堂として、詳しい施設としては、新勝寺というのが有名です。

新勝寺は、平安時代に建立された寺です。

建物は、二本の大きな柱に囲まれ、上部は、ひびの形をした天井に掛かっています。

桜がたくさん生えているので、寺の中に桜がたくさん美しく満ちています。

新勝寺は、体験的な寺です。

新勝寺は、仏教の聖堂としての役割もあります。

仏教の聖

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。