厳島神社


厳島神社の地図情報☜

厳島神社について

松林に囲まれて、荘厳な雰囲気が漂う古社である。境内に祭られた七福神は、安房出身の石工武田石翁によって1779年に作られたもの。表情の豊かさと精巧な作りは、遠方からも観光客を引きつけている。周辺には、海洋美術館や灯台などが集中しており、それらを巡る遊歩道も整備されているスポットだ。

小高い丘にそびえる七福神を祭った神社

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒295-0102 
千葉県安房郡白浜町白浜629

電話番号

交通アクセス

(1)JR内房線館山駅よりJR関東バス白浜行30分、野島埼灯台入口より徒歩5分

すべての基本情報を見る

本神社は、東北地域にある一大神社で、本島神社は平安神宮とともに、霊廟神社に属する神社です。本島神社は、徳川幕府時代に建立され、江戸時代には大名に至り、昭和天皇主義時代には公務員を募集した神社でした。また、戦後、日本軍によって大規模に破壊されましたが、平成東日本幕府時代に復興され、今でも神社に祭壇があり、多くの方々に感化されています。神社内には、巨大な円盤があり、その円盤の中には、東北地方の民俗文化を紹介した映画「東北文化特集」が流れています。神社内には、多くの地方の神話が紹介されています。また、円盤の下には、平安神宮とともに、霊廟神社があり、その他、民間文化祭などが行われています。本神社には、多くの地方の方々が祈っています。本神社では、平安神宮とともに、霊廟神社があり、その他、民間文化祭などが行われています。本神社は、徳川幕府時代に建立され、江戸時代には大名に至り、昭和天皇主義時代には公務員を募集した神社でした。また、戦後、日本軍によって大規模に破壊されましたが、平成東日本幕府時代に復興され、今で
神社の名前は、「抜弁天」。抜弁天神社は、霊山地方の大宮市内に位置し、大宮市内にある神社のひとつ。仏教徒には、抜弁天神社が「抜弁天」と呼ばれることから、この神社が「抜弁天」という名前をとった。

大宮市内にある抜弁天神社は、元々は莊宮寺という寺院があったが、1392年、大宮市内に抜弁天神社が開かれた。この神社は、仏教徒にとって、抜弁天という名前をとった理由は不明だが、その後、この神社が「抜弁天」と呼ばれるようになったという。

抜弁天神社には、平安時代には朝廷に使われていた天冢神社と同じく、「抜弁天」という名前をつけられた神社がある。

抜弁天神社は、日本の神社の中でも、霊山地方にあるほか、大阪、京都、奈良、和歌山などの地方にもある。
厳島神社(いつくしまじんじゃ)は、広島県廿日市市(ひろしまけしきし)に位置する、日本屈指の名勝地である厳島(宮島)にある神社です。

主祭神としては、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀っています。厳島神社は、海上に立つ鳥居(大鳥居)が有名で、潮の干満によって水面から浮かび沈みする光景は非常に印象的です。

厳島神社は日本三景の一つに数えられ、また世界遺産にも登録されています。多くの観光客や参拝者が訪れ、神聖な雰囲気や美しい景観に感動します。

厳島神社の境内には多くの神聖な建築物があり、特に社殿や五重塔は見どころの一つです。また、宮島一帯は自然にも恵まれ、紅葉の季節には美しい景色が広がります。

この神社は、歴史的・宗教的な重要性だけでなく、自然の美しさも併せ持っています。多くの人々にとって、厳島神社は特別な場所であり、訪れる度に感動と癒しを与えてくれます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。