鶴岡八幡宮


鶴岡八幡宮の地図情報☜

鶴岡八幡宮について

源頼義が1063年(康平6)、由比郷鶴岡に京都の石清水八幡宮を勧請し鶴岡若宮を称したのが始まり。源頼朝は1180年(治承4)に現在の地に移し、鎌倉のまちづくりを開始、1191年(建久2)には火災を機に、上下両宮の現在の体裁となる。本宮前から、若宮大路を中心としたまちが望める。
鎌倉七福神の一つである弁財天は、境内にある旗上弁財天社。
※市内寺社の新型コロナウイルス対応については、鎌倉観光公式ガイド(https://www.trip-kamakura.com/article/8265.html)よりご確認ください。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:参拝可能時間:6時00分~20時00分

見学:08:30~16:00 [宝物殿]8時30分~16時00分(9月15日・展示替日は休館)

所在地 〒248-0005 
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31

電話番号

0467-22-0315

交通アクセス

(1)電車:「JR鎌倉駅」東口、「江ノ電鎌倉駅」から徒歩10分

(2)車:「横浜横須賀道路・朝比奈I.C.」から5km

すべての基本情報を見る

■鶴岡八幡宮は、東北地方の地域に栄える大巨鳥・鶴岡天皇の殿。天皇が殿内に建てられたもので、天皇の名前が刻まれた天皇像がある。また、天皇殿内には天皇の冠を持つ大槌像、天皇の名前を刻まれた皇帝像などがある。

■鶴岡八幡宮は、開館時間は日曜日10時から16時まで。入場料は500円で、小学生以下無料。
■鶴岡八幡宮は、東北地方の地域に栄える大巨鳥・鶴岡天皇の殿。天皇が殿内に建てられたもので、天皇の名前が刻まれた天皇像がある。また、天皇殿内には天皇の冠を持つ大槌像、天皇の名前を刻まれた皇帝像などがある。

■鶴岡八幡宮は、開館時間は日曜日10時から16時まで。入場料は500円で、小学生以下無料。
そのハスの花は、東北地域では伝統的な花で、鶴岡八幡宮のハスの花は、鶴岡八幡宮のハスの花の中でも高級な花として知られています。

鶴岡八幡宮のハスの花は、東北地域では鶴岡八幡宮のハスの花の中でも高級な花として知られています。

鶴岡八幡宮のハスの花は、東北地域では伝統的な花で、鶴岡八幡宮のハスの花は、鶴岡八幡宮のハスの花の中でも高級な花として知られています。

鶴岡八幡宮のハスの花は、東北地域では鶴岡八幡宮のハスの花の中でも高級な花として知られています。

鶴岡八幡宮のハスの花は、東北地域では伝統的な花で、鶴岡八幡宮のハスの花は、鶴岡八幡宮のハスの花の中でも高級な花として知られています。

鶴岡八幡宮のハスの花は、東北地域では伝統的な花で、鶴岡八幡宮のハスの花は、鶴岡八幡宮のハスの花の中でも高級な花として知られています。

鶴岡八幡宮のハスの花は、東北地域では伝統的な花で、鶴岡八幡宮のハスの花は、鶴岡八幡宮のハスの花の中でも高級な花として知られています。

鶴岡八幡宮のハスの花は、
宮廷の教育としては、若宮が最も重要な学校である。同校は、明治10年(1868年)に鶴岡八幡宮を建てられたもので、現在は鶴岡市立若宮中学校となっている。

若宮は、明治初期には大和天皇が使用していた建物で、大和天皇が死体を運んでいるときには、若宮を通って彼の死体を見つけ出したという記録がある。

この建物は、明治初期には円形の建物であったが、昭和初期には建築家の一人として名を馳せた大和田正治が、新しい建物として若宮を作り上げた。

若宮は、天井には大きな玉井があり、中央には巨大な塔がある。塔は、大和天皇が死体を運んでいるときに作られたもので、その名に沿って建てられたものである。

若宮は、天井には鶴岡八幡宮の県立博物館があり、塔の前には若宮鶴岡八幡宮公園がある。

若宮は、大和天皇が死体を運んでいるときに作られた建物で、大和天皇が死体を運んでいるときに作られたものである。

若宮は、天井には鶴岡八幡宮の県立博物館があり、塔の前には若宮鶴岡八幡宮公園がある。

若宮は、天井には鶴岡八幡宮の県立博物館があり、
鶴岡八幡宮は、鶴岡市内にある神社で、平安時代から祭祀されている。その名の由来は、八幡宮の前に立ちはだかった鶴岡蛍の身を見上げた時に、この八幡宮が現れたことを示すといわれている。

八幡宮は、中央の三幡神社と四幡神社とを連なる。三幡神社の前には、天皇の墓があり、四幡神社の前には、天皇の御所がある。八幡宮の前には、天皇の御所と鶴岡蛍の身が立ちはだかったという伝説がある。

八幡宮には、神輿があり、その上には大きな玉器が並んでいる。鶴岡八幡宮の神輿は、天皇の御所を見上げるときには、玉器の前に立ちはだかったという伝説がある。

八幡宮は、平安時代から祭祀されている。その中でも特に高祖神の姿が見られるのが特徴的な神社で、鶴岡八幡宮をはじめとする八幡宮神社は、平安時代に大勢の人々が来源とすると考えられている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。