今宮神社(栃木県鹿沼市)


今宮神社(栃木県鹿沼市)の地図情報☜

今宮神社(栃木県鹿沼市)について

日光二荒山神社分祀で、わに口、唐門の彫刻が見事です。毎年10月体育の日前の土日に例祭があり、20数台の彫刻屋台が繰出されます。この屋台行事は平成15年2月に国の重要無形民俗文化財に指定され、平成28年12月にユネスコ無形文化遺産に登録されました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒322-0068 
栃木県鹿沼市今宮町1692

電話番号

0289-62-2679

交通アクセス

(1)JR鹿沼駅からバスで5分(「久保町」下車)

久保町から徒歩で1分

(2)JR鹿沼駅から徒歩で20分

(3)東武新鹿沼駅からバスで5分(「久保町」下車)

久保町から徒歩で1分

(4)東武新鹿沼駅から徒歩で15分

(5)東北道鹿沼ICから車で15分

すべての基本情報を見る

宮神社は、栃木県鹿沼市の一社で、日本の神話に似た神社です。宮神社は、大宮神社と関係あり、大宮神社の祭りに合わせて訪れることができます。また、宮神社には、鹿沼市の観光名所として有名な「赤ん坊の花」があります。

宮神社の内観

宮神社の内観は、中世以降に作られたものです。中世の時代には神殿が建てられており、外観は、そのままでした。しかし、昭和20年代になると、神殿内部にある大聖堂を再現したもので、外観も、近代的なものになっています。また、神殿の前にある長い木製道路は、近代的なものです。

宮神社の祭り

宮神社の祭りは、平成26年2月26日に始まりました。祭りは、8日間行われます。祭りの一番の目的は、神様を愛し、自分たちを神様のもとに置き、生きていくためにすることです。また、祭りが終わると、その神様の御心に深く刻んだ境内へと、宮神社の鹿沼市の人々が訪れることができます。

宮神社には、御神社と呼ばれる神様がいます。その神様は、近代的な技術を使っているとのことです。宮神社は、近代的な技術を使って、平和をもたらしています。また、近代的な技術を使ったことで、神様の御心が刻んでいる境

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。