椿神社


椿神社の地図情報☜

椿神社について

旧南玉造村の鎮守である。「椿大明神略縁起」によると、明暦3年(1657)7月7日村に住む野平賀衛門のもとに降臨した霊像を祀ったものであると書かれている。また、寛政7年(1795)筑前(福岡県)黒田家の嫡子が、この社のご霊験により誕生したといわれ、そのご利益を称えて石碑も建てられている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒289-2325 
千葉県香取郡多古町南玉造2081

電話番号

すべての基本情報を見る

神社の名称は、椿神社。椿神社は、元禄30年代、静岡県西部にある地方郷で、吉永寺と繋がっていることから来ている。椿神社は、南国神社と同じ神社である。

椿神社は、元禄30年代、静岡県西部にある地方郷で、吉永寺と繋がっていることから来ている。

椿神社は、南国神社と同じ神社である。

椿神社は、元禄30年代、静岡県西部にある地方郷で、吉永寺と繋がっていることから来ている。

南国神社とは、静岡県西部にある神社で、吉永寺と繋がっている。静岡県西部にある地方郷で、吉永寺と繋がっていることから来ている。

吉永寺は、元禄年間15回の聖式に出席している神戸市西区の一つで、吉永寺を支える大規模な寺院である。

椿神社は、元禄30年代、静岡県西部にある地方郷で、吉永寺と繋がっていることから来ている。

南国神社とは、静岡県西部にある神社で、吉永寺と繋がっている。静岡県西部にある地方郷で、吉永寺と繋がっていることから来ている。

吉永寺は、元禄年間15回の聖式に出席し

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。