赤城神社(三夜沢)

赤城神社(三夜沢)の地図情報☜

赤城神社(三夜沢)について

赤城神社の総本社。上杉・北条・武田各氏をはじめ戦国武将の崇敬を集めた。慶弔17年に植えられたと伝えられている、参道の松並木とツツジが見事。

 

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間 休業:無休
所在地 〒371-0247
群馬県前橋市三夜沢町114電話番号027-283-1268
交通アクセス (1)北関東自動車道伊勢崎ICから車で30分

(2)大胡駅からタクシーで20分

すべての基本情報を見る

赤城神社(三夜沢)は、群馬県前橋市三夜沢町に位置し、赤城山の神霊を祀る歴史ある神社です。この神社は、赤城山信仰の重要な拠点であり、地域の人々や登山者に親しまれています。

神社の歴史
赤城神社(三夜沢)の歴史は古く、古代から赤城山信仰の中心として存在してきました。平安時代には『延喜式』に記載されるなど、古くから神聖な場所として認知されてきました。江戸時代には、徳川幕府からも信仰され、多くの人々が訪れるようになりました。

主祭神
– 赤城大明神(あかぎだいみょうじん):赤城山の神であり、山岳信仰の対象として崇められています。農業の神、開運、厄除け、縁結びなどのご利益があるとされています。
– 赤城姫命(あかぎひめのみこと):赤城山の女神であり、開運、縁結び、安産などのご利益があります。
– 大己貴命(おおなむちのみこと):大国主命としても知られ、国造りの神、医療、縁結び、商売繁盛のご利益があります。

神社の特徴と見どころ
1. 本殿:
– 本殿は伝統的な神社建築様式を取り入れた木造建築で、朱塗りの柱や精巧な彫刻が施されています。歴史を感じさせる美しい建物です。

2. 境内:
– 境内は広大で、緑豊かな自然に囲まれています。春には桜が咲き誇り、秋には紅葉が美しく、訪れる人々に四季折々の風景を提供します。

3. 赤城山:
– 神社の背後にそびえる赤城山は、登山やハイキングに人気のスポットであり、山頂からの眺望も素晴らしいです。神社参拝と合わせて山歩きを楽しむことができます。

神社の設備
– 社務所:御朱印やお守りを授与しており、祈祷や祝詞の申し込みも受け付けています。
– 休憩所:参拝者が休憩できるスペースが設けられています。
– 駐車場:参拝者用の駐車場が完備されており、車でのアクセスも便利です。

参拝情報
– 所在地:群馬県前橋市三夜沢町114
– アクセス:
– JR前橋駅からバスで約1時間
– 関越自動車道「前橋IC」から車で約50分
– 拝観時間:境内は24時間開放されていますが、社務所の営業時間は通常9:00~17:00です。

年間行事とイベント
1. 例大祭:
– 毎年4月と10月に例大祭が行われ、地元の人々や観光客で賑わいます。神輿の巡行や伝統的な奉納行事が見どころです。

2. 新年の初詣:
– 多くの参拝者が新年の無事と幸運を祈りに訪れます。初詣には特別な御朱印やお守りも授与されます。

3. 季節の祭り:
– 春の花祭りや秋の収穫祭など、季節ごとの祭りも行われ、地域の文化と深く結びついた行事が多数あります。

周辺観光スポット
– 赤城山:
– 神社の信仰対象である赤城山は、自然豊かな観光地としても有名です。ハイキングやキャンプ、紅葉狩りなどが楽しめます。
– 大沼湖:
– 湖畔ではボート遊びや釣りが楽しめます。湖の周囲には散策路が整備されており、自然を満喫しながらのんびりと過ごせます。
– 小沼湖:
– 大沼の近くにある小さな湖で、こちらも美しい景観が楽しめます。静かな環境でリラックスするには最適なスポットです。

赤城神社(三夜沢)は、その歴史的価値と美しい自然環境が魅力的な場所です。赤城山の豊かな自然を背景に、神聖な空間での参拝は心身ともにリフレッシュできるでしょう。訪れることで、古くから続く信仰の歴史と自然の美しさを同時に体験することができます。

 

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。