大雄山最乗寺(道了尊)


大雄山最乗寺(道了尊)の地図情報☜

大雄山最乗寺(道了尊)について

室町時代中期開基600年の歴史を持つ曹洞宗の古刹 全国に4000余りの門流を持ち、ご本尊は釈迦牟尼仏。最乗寺の守護道了大薩埵は開基にあたって力を尽くした行者であり地元では「道了さん」と呼ばれ親しまれている。秋には境内を紅葉が覆い尽くす。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒250-0127 
神奈川県南足柄市大雄町1157

電話番号

0465-74-3121

交通アクセス

(1)伊豆箱根鉄道大雄山駅からバスで10分

道了尊バス停から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

山火事による大雄山最乗寺(道了尊)の地下火山を暴露しているため、中止を決めた。

大雄山最乗寺(道了尊)は、山火事で地下火山が暴露しているため、中止を決めた。

この地域には、山火事が発生したが、大雄山最乗寺(道了尊)は中止を決めた。

大雄山最乗寺(道了尊)は、山火事が発生したが、中止を決めた。

この地域には、山火事が発生したが、大雄山最乗寺(道了尊)は中止を決めた。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。