光明寺(千葉県木更津市)


光明寺(千葉県木更津市)の地図情報☜

光明寺(千葉県木更津市)について

JR木更津駅西口徒歩3分という地の利の良さで、多くの観光客が訪れる光明寺。ここには、歌舞伎「与話情浮名横櫛」でお馴染みの、切られ与三郎の墓があります。与三郎のモデルとなったのは、山武郡増穂村(現大網白里町)の紺屋の次男:大吉で、木更津の紺屋で働いていた職人。のちに長唄の太夫:四代目芳村伊三郎を襲名しました。舞台で看板にしていた体の傷跡が八代目団十郎の目にとまり、その来歴をもとにして、鶴屋南北の門下:三世瀬川如皐が狂言に書き下ろしました。初演は嘉永6年(1853年)。現在でも歌舞伎役者の香華が絶えず、墓の脇には片岡二左衛門や坂東玉三郎の卒塔婆も見られます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒292-0067 
千葉県木更津市中央1-3-5

電話番号

0438-22-3603

交通アクセス

(1)木更津駅から徒歩で3分

すべての基本情報を見る

千葉県木更津市にある光明寺は、14世紀に建立された大きな寺院です。同寺は、天皇が信仰する日本の寺院です。

この寺院には、天皇が信仰する日本の寺院の中でも最も古い寺院となっています。同寺は、天皇の引越しによって、天皇の地位を高めるために建てられました。

千葉県木更津市にある光明寺には、天皇の引越しによって、天皇の地位を高めるために作られた像が多数あります。その中でも、天皇の引越しによって作られた像が最も古いのは、天皇の引越しによって作られた像です。

この像は、天皇の引越しによって作られたものです。同寺の前に建てられた像の左側に、天皇の引越しによって作られた像があります。この像は、天皇の引越しによって作られたものです。

天皇の引越しによって作られた像は、高さ約4.3メートル、幅約2.2メートル、奥行き約1.5メートルです。この像は、天皇の引越しによって作られたものです。

千葉県木更津市にある光明寺には、天皇の引越しによって作られた像が多数あります。その中でも、天皇の引越しによって作られた像が最も古いのは、天皇の引越しによって作られた像です。

この像は、天皇の引越しによって

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。